抗炎症作用

抗炎症作用

プラセンタが花粉症に効果的だといわれるのは、抗炎症効果があるからです。花粉症の場合は、ヒスタミンが発生し鼻の粘膜や目の粘膜などに炎症が起きています。この炎症を抑えないと花粉症の症状は緩和することができません。

 

○ ステロイド
抗炎症作用がある医薬品としては、ステロイド剤があります。花粉症の場合でも点眼薬や点鼻薬を使用し、ステロイドを局所的に届け治療する方法が利用されています。局所的に利用するステロイド剤は、内服薬と比べて副作用が少ないのがメリットです。

 

○ ステロイドの代わりに
花粉症の治療薬はよく効く代わりに、副作用が気になる方もいるでしょう。そのような方におすすめなのがプラセンタで、長期間飲んでも副作用が無く、抗炎症作用によりステロイド剤の代わりとしても使うことができます。

 

○ 美容効果も得られるプラセンタ
プラセンタの抗炎症作用がどのくらい高いかは明確なデータはありませんが、長く使い続けることで炎症が治まりやすいと実感する方もいます。嬉しいことにプラセンタは美容や健康にもよいもので、美肌も一緒にかなえてくれます。女性で花粉症の薬を飲んでいる方は、メリットが高いプラセンタのほうが便利だと考える方もいるのではないでしょうか。