プラセンタの副作用

プラセンタの副作用

花粉症対策でプラセンタサプリメントを飲む場合、長期間飲むことになるので、気になるのが副作用ではないでしょうか。哺乳類の胎盤から抽出したエキスで、天然原料だとはいえますが、何らかの副作用が出る可能性はあるのでしょうか?

 

○ プラセンタアレルギー
アレルギーがある方は、まずはお試し商品から選んでみましょう。ごく稀にですが、プラセンタエキス自体にアレルギーを持つ方もいます。プラセンタにはアレルゲンになりやすいたんぱく質が多く含まれており、100%アレルギー反応が起きないとはいいきれません。プラセンタサプリメントを1週間など短期間から試してみて、症状がひどくなるようなら服用を中止してください。

 

○ 便が柔らかくなる
副作用といえるかは微妙ではありますが、多少便が柔らかくなる人もいます。これはプラセンタの自律神経を整える作用による一時的な副作用で、からだがプラセンタに慣れてくると、症状は改善できます。ある意味、プラセンタはしっかりと自律神経に効いているともいえるのです。

 

○ 生理の周期が変わる
これもプラセンタによりホルモンバランスが正常に導かれる過程で起きるといえます。この症状も個人差があって、生理が早く終わる人もいれば、出血量が多くなるなど、生理周期に変化が見られる人もいます。